2018-19 茨城シクロクロス#5 城里町うぐいすの里ステージ CM3

いよいよ今シーズンの最終戦になりました。事前情報では非常にタフなコースと聞いています。フロント34丁か36丁があった方が良いと言われましたが、私のMUDMANはフロント40丁。楕円の38丁は手元にあるけど、MUDMANに乗り換えてからどうもタイミングが合わないような気がして使ってない。まぁリアが11-34丁だし大丈夫でしょう。と安易な気持ちでいましたが…

f:id:nige16:20190312082646j:plain

Photo by GUY

 2019-03-10 茨城シクロクロス#5 城里町うぐいすの里ステージ

CM3 11/19(57%)

前日の161km、318TSSも気になるところですが、今さら気にしても仕方がないので最終戦を楽しもうという気持ち。と言うより朝4時に起きるのが辛かったな、車の運転も。珍しく往路で休憩入れたし。

f:id:nige16:20190312083419j:plain

Photo by Takashi SAITO

7時に現地についてTオーガナイザーがどんな意地悪を仕込んでいるのか確認するために取り敢えず試走にいきます。今回はCM3のレース直前にも試走時間がありますが、そこは控えめにするとして、朝イチはしっかりと走ってコースを覚えたい。

f:id:nige16:20190314133234j:plain

Photo by Takashi SAITO

あかん、これあかん。アップダウンが激しいコースとは聞いていたけど、アップ、アップ、ダウーーーーーン、アップ、ダウーーーン、階段、階段、芝といった感じ。ダウーーーーーンの冒険の丘の下りがマジ鬼畜。絶対に怪我できない身としては、結果よりも安全を優先して本番は降車で行くことに決めた。まぁあれですよ、自分が下手なだけなんですが。

f:id:nige16:20190312083946j:plain

Photo by Masakazu ABE

スタート即上り。あ、これスタート前に心拍上げとかなきゃいけないやつだった。案の定ひろさとパパの飛び出しに付いて行けず既に喉カラッカラ。一周目からこれは不味いなと失敗した感満載で激坂に突入。明らかに試走時より脚が重い。違うか?からだ?w

f:id:nige16:20190312084246j:plain

Photo by GUY

冒険の丘はプラン通り降車でやり過ごすけど乗っていく人が多い。ここで結構な人数に抜かされる。度胸と技術、両方ないのだから致し方なし。滑落してる人も何人かしたし自分の判断は間違っていなかったと思う。来シーズンまでの課題が増えた。

f:id:nige16:20190312084829j:plain

Photo by GUY

大体この辺りでO野氏、A山氏、K藤氏と抜きつ抜かれつになりますが、「ほらほら置いてっちゃうよ」なんて煽ってたら、最終的に自分が落車して置いていかれるという。間抜けな存在。二周目の激坂で前の選手にハスってしまった。もう脚の制御が利かないよ…。

f:id:nige16:20190312085645j:plain

Photo by GUY

芝区間でA山氏には追い付いてパスしますが、比較的自分では得意と思っていたキャンバーの上り返しで落車。思わず何でこんな所で?って口に出してしまった。再度パスされる。来シーズンまでの課題が…

f:id:nige16:20190312085241j:plain

Photo by GUY

最後の階段でO野氏、A山氏に追い付けるかもと甘い期待で一段飛ばしで追いますが既にお二人の姿は見えず…

f:id:nige16:20190312090550j:plain

Photo by Masakazu ABE

最後は何故かばんざいゴールで。取り敢えず復帰のシーズンに大きな怪我がなく、シーズンを通して参戦できたことに安堵した。来シーズンは少し色気を出して結果も付いてきたら最高かな。

f:id:nige16:20190312090957j:plain

Photo by Takashi SAITO

今回のコースは賛否両論あると思うけど、自分的には嫌いじゃないです。延々と階段を登らされるわけでもなく、自転車乗りの技術、体力勝負としては面白かったかなと。もっと速く走れれば最高なんですが。シーズンの中にはこんなコースもあって良いんじゃないかな。もちろん全戦だったら嫌ですが(笑)

f:id:nige16:20190312091444j:plain

Photo by Takashi SAITO

最後に

一緒に走ってくれたCM3の同志、置き去りにしてくれたCM2、CM1の薄情者、レースを盛り上げてくださった他カテゴリーの選手たち、ギャラリーの人たち、各地のオーガナイザーを先頭にスタッフの方々、そしてこれがあるから盛り上がるカメラマンの方々、本当に本当にありがとうございました。シクロクロスと出会えて良かったな。また来シーズンお会いしましょう!

f:id:nige16:20190314133414j:plain

Photo by Takashi SAITO