2018-19 稲城クロス#2 CM2+3

会場が自宅から10km程度と至近なため、自走で行けて楽ちん&安上がり。問題は試走からCM2+3のレースまでの3時間をいかに過ごすか。体感では前日の前橋より寒いぞ。

f:id:nige16:20190214082331j:plain

Photo by Itaru MITSUI

 2019-02-11 INAGI CROSS-2 

CM2+3 15位/43名 34%

そんな心配も杞憂に終わり、自分のレースまでのカテゴリー全てにチームメイトがエントリーしており、ガヤってたらあっという間にCM2+3の時間になりました。いや、もちろん寒いのは寒かったのよ。

f:id:nige16:20190214082740j:plain

Photo by Itaru MITSUI

2列目左から2番目、ボディーナンバーが前日の前橋と同じなら、スタート位置もほぼ同じ。まぁAJOCCランキング順でボディーナンバーが割り振らてるんだから、そりゃそうか。

f:id:nige16:20190214082941j:plain

Photo by Itaru MITSUI

スタート後すぐにコース幅が狭くなるので位置取りの争いが激しくなる。直前のレースのスタートで大きな落車があったので、ビビってちょい引き気味。

f:id:nige16:20190214083156j:plain

Photo by Terry

半周もすると大体パックの走力が揃って走りやすくなってきた。前日にいきなり実戦投入したグリフォTLRも過剰に滑ること無く扱いやすい。空気圧はやや高めの2.0bar。これで何の問題もなかった。来シーズンは前輪もこれにしよう。

f:id:nige16:20190214083529j:plain

“MUDMAN乗りに負けるなよMUDMAN!” Photo by Tetsufumi MIYANAGA

二周目だったかな、目の前を走っていたJovo選手が丸太越えに失敗して前転メイク。咄嗟に反応してディスマウントして避けることが出来た。Jovo選手に突っ込んでしまわなくて良かった。

この丸太、自分もバニーホップ(もどき)で乗車のまま越えていたんだけど、周回を重ねるごとに丸太への後輪ヒットが強くなり、5周目以降は前輪すら越えることが怪しくなり、もはやバニーホップというよりはジジーホップと化していた。

f:id:nige16:20190214084202j:plain

Photo by Itaru MITSUI

丸太越えと同様に驚いたのが、今回から採用されたこの階段。距離も段差もそこそこで良いアクセントになっていたのでは無いだろうか。MUDMANも重さを感じさせず、肩が痛くなることも無かった。

f:id:nige16:20190214085102j:plain

Photo by Itaru MITSUI

3周回目には前転から甦ってきたJovo選手が追い付いてきて、“いつでも抜けるぜ”とばかりに後ろに張り付いて、最終周回までバチバチ状態の楽しい展開。ゴール直前でメカトラ?で遅れたCM2の選手が間に入ってしまって逃げ切った。

f:id:nige16:20190214085628j:plain

Photo by Itaru MITSUI

多摩川サイクリングロードが近いせいか、ロード乗りのギャラリーも多く、散歩途中の非自転車乗りの方々も興味を持って足を止めて見ていてくれたように思う。近場で盛り上がれる大会、末永く続いて欲しい。開催まで漕ぎ着けるスタッフの方々の努力に、惜しまず協力していただける稲城市にありがとう。

f:id:nige16:20190214090323j:plain

レース後はCROSS COFFEEに移動してパリとホットコーヒーをいただく。参加費1,000円と激安なのにコーヒーチケットまで付いているという太っ腹ぶりに驚く。

Paris(パリ)
400円
こだわりのバゲットに本場スペインの『ハモンセラーノ』と、パリのチーズ『グリュイエールチーズ』を挟みました。本物の素材を使った本場の味わいをお試しください。

※CROSS COFFEE公式HPより抜粋

 

f:id:nige16:20190214090931j:plain

Photo by Itaru MITSUI