2018-19 前橋CX#1 CM2+3

f:id:nige16:20181016113010j:plain

 2018-10-14 前橋シクロクロス#1 岩神緑地

 昨年の第1戦に出ただけですが最も好きなレースのうちの一つです。雰囲気、コース、出店、yufta氏のMC、どれも心地よい。

 あ、好きなコースですよ。得意とは言ってません。どのコースが得意なのかと聞かれても、得意なコースにはまだ出会っておりませんので。

 

f:id:nige16:20181016114438j:plain

 

 朝起きたらかなりの雨が降っていて、これは昨年の再来かと、リアタイヤはシラクエッヂしか持ってないな、滑るかな面白そうとか思いつつ会場に到着すると晴れてるし。

 試走もそこそこにSwampキャップが売り切れたらかなわんとAbove Bike Storeさんのブースへ。ハチの大きい頭でも入ったんで一安心、似合うかどうかは別問題。

 

f:id:nige16:20181016115102j:plain

 

 さて、レースの方は珍しくお昼時、ゴール後のご飯が待ち遠しい。今年から人数の増えたマスターズはレース前から和気あいあい。いつの間にやら結成されていた“関東シクロクロス老人会”は元気です。

 

f:id:nige16:20181016115642j:plain

 

 茨城シクロクロスのCM2/3とは違いCM2+3形式ですが、あまりにもCM3が多いため大会措置としてCM2がシードされます。

3列目のスタートですが、前は表彰台の常連Y先生とFAST LANEのお二人、今年好調のA-PadのM氏なんで問題はなさそう。

 

f:id:nige16:20181016123053j:plain

 

 サンドエリアから階段は自分の思ったルートを通れてまぁまぁ好位置、今日は良いかもと思ったところでリマウント失敗。クリートキャッチどころかシューズにペダルが触れずに華麗なエアペダリングを披露。終いには一旦停止してリマウント。後ろの選手にはごめんなさい。

 

f:id:nige16:20181016123455j:plain

 

 ここでほぼ最後尾まで落ちてレースは終了。

そしてYぞう氏にジョイン。

oh…

 

f:id:nige16:20181016123630j:plain

 

「nigeさん!こんな所にnigeさん!」

 

f:id:nige16:20181016124115j:plain

 

ミスると

「どうしたの!nigeさん!」

 

f:id:nige16:20181016124254j:plain

Photo by Tomoaki HORI

「nigeさん!さぁ行こう!Oさんに追い付くよ!」

 

f:id:nige16:20181016123949j:plain

Photo by Tomoaki HORI

とにかくよく喋るw元気

まぁ今回のレースはYぞう氏に救われましたが。

 

f:id:nige16:20181016124622j:plain

 

 途中からはYぞう氏にも付いて行けなくなり、怖い人に後ろに付かれたり

 

f:id:nige16:20181016124835j:plain

 

 30秒後にスタートしたCL2の女の子にお尻を叩かれたりしながらへろへろゴール。

 

f:id:nige16:20181016124942j:plain

 

26位/44位(59%)

また、がんばります。

設定が緩いのかペダルが勝手に外れちゃったり、ヘルメットのダイヤルが締まらず(zawaが言ってたのはこれか…)走行中揺れて走りづかったりなどの、脚力とは関係なく出来ることはきちんとやっておかねば。

 

f:id:nige16:20181016125207j:plain

 

 レース後も元気なYぞう氏でした。ありがとう

 

f:id:nige16:20181016130538j:plain

 

レース結果は悪くてもお腹は空くもので、kissaナップさんのカレーを食べるためにレースを走ると言っても過言ではないくらい好き。もやし好きとしては、やまだ家さんの角煮丼にも惹かれたのだけど…次戦は両方いっちゃうか。

 

f:id:nige16:20181016130826j:plain

 

KIOSK CC.JPさんのタピオカ黒糖ミルクも美味かった。もうそこら辺のスタンドではタピオカは飲まんと決めた。タピオカがまじで美味い。自分が買った数杯後には売り切れだったようで危なかった。

 

f:id:nige16:20181016131059j:plain

 

yufta氏のMCも健在でした。スタート前のコール(マスターズは無かったですが泣)も然り、レース中に名前を呼んでもらえるのも最後尾付近を走っていてもテンションが上ります。

 

そして、この空気感を作り出してくれるオーガナイザー初めスタッフの方々には本当に感謝です。

 

(遠いけど)また来るぞ、群馬!

 

 

p.s

Swamp Sparkles氏のストーリーによる全世界配信w

f:id:nige16:20181016125828p:plain

 

 

  by カエレバ